土曜の予想と2歳戦

ダービーが終わった翌週に2歳新馬戦が始まるというのにもようやく慣れてきたところです。この時期には何かと競馬が変わるので何かと慌ただしい。というのも予想をする上での話で、例えば明日の阪神5Rが8頭が出走する2歳新馬戦なのですが、その次の6Rの3歳未勝利戦ではも8頭の3歳馬がデビューします。ちょっと訳が分かりにくくなりそうです。

新馬戦ではここ2年、とある顕著な傾向が出ているのですが今年はそれを踏まえた馬券作戦を実践しようかと考えています。露骨な傾向なので気づいている人も多いでしょうから、そんなにドジョウはいないかもしれませんが狙ってみます。その内容にについては成績が良ければここでも紹介していこうかと思います。昨年もこのBLOGで触れていたことです。

条件戦で気を付ける事は基本的には3歳馬は4歳以上の馬と一緒に走ります。古馬との初の対決になるので3歳馬が不利のように思えますが斤量に差が設けられます。特に3歳牝馬は有利になります。たとえば明日の東京10Rの国分寺特別を見ると3歳牝馬の斤量は52kです。古馬の牡馬は57kですから5kも差がついています。3歳の牝馬自体はこれまで54kを背負って走っていたわけですから馬自身も今まで以上の走りが期待できるようにも思えます。特に今年の3歳馬は強いと言われて(ダービーの結果でそうでもないようにも思えてきましたが・・)きただけに注目です。

ただ、ここで気を付けなければならないのが降級馬です。4歳馬の収得金額が半分になってしまうという処置が施され500万クラスを勝った4歳馬がまた出走してくるというそういう時期でもあります(1000万条件などでも同じですが・・)。この国分寺特別にも降級馬は6頭出走します。TARGETの出馬表はそれが一目瞭然なのですが、各競馬新聞でも目立つ表記がされているのではないでしょうか。あまり目立ちすぎるとそちらに人気が集中しすぎるのではないかと思ってしまいます。


昨日は16点で17万的中!!目黒記念的中と好調です!!
ぜひ参考にしてみてください。

明日の指数はこちらから↓↓↓↓↓↓↓↓改良しています!
【6月07日(鳴尾記念・中央競馬全レース指数予想)】
DLmarketで購入DLmarketで購入