京都新聞杯とダービーの共通点とは

みなさん、連休はいかがお過ごしでしたか?
長い連休明けとなると、何かと仕事が立て混んでしまって、逆に普段より疲れがたまりがちな自分です。今日は、京都新聞杯からダービーに出て、連対馬の共通点を少し書こうと思います。

京都2200mになってから、2分11秒から2分13秒前後で走っている年がおおいですが、最近は2分12秒台で走りきれば、ダービーでの馬券になる確率は高いみたいです。

                   ダービーでの着順 
キズナ         2分12秒3    1人気1着
トーセンホマレボシ  2分10秒0    7人気3着
ゲシュタルト      2分12秒8    12人気4着
ハーツクライ      2分11秒9    5人気2着


近年はこのような感じ。ゲシュタルトはちなみに4着。
明日は、馬券だけでなく、そのあとのタイムも気にしてはいかがでしょうか?


先週より指数を改良しています!かなりいい感じです!!
前回からのプラスアルファです。ぜひ参考にしてみてください。

明日の指数はこちらから↓↓↓↓↓↓↓↓改良しています!
【5月10日(京都新聞杯・中央競馬全レース指数予想)】
DLmarketで購入DLmarketで購入