天皇賞春の予想

今週はダービーに向けての青葉賞と古馬競合が激突する天皇賞春が行われます。ともに距離の長いレースで3歳戦だけに初めての距離となる青葉賞、そして1年に数レースしか行われない3000mを超える天皇賞春はその適性を予想するだけでも大変です。騎手の腕なども長距離では結果を左右しそうです。

天皇賞春ですが、まず簡単にいうと去年のキズナのダービーのラップはなかなかのもの。
2分24秒台という数字を出し、なおかつ後半の5Fのラップを60秒切るタイムでゴールした馬は過去に名馬しかいません。ディープインパクト、ウォッカ、そしてキズナしかいません。この時点で、これからの活躍を約束されたも当然でしょう。まぁ、ダービーは雨の日も多いため、オルフェーヴルなどタイムは悪いですが、不良考慮すれば、このぐらいのタイムは出ていたでしょうし。後半60秒切った馬や前半60秒切った馬で調べても面白い結果が出るかもしれませんね!!

また日経賞から天皇賞春に挑むものも多いですが、馬券に絡みやすい馬は傾向があります
ここも後半の5Fに注目。60秒以内を出すと、ライスシャワー、メイショウドトウ、ゼンノロブロイ、リンカーン、アルナスライン、マイネルキッツ、フェノーメノ、ホッカイルソーも不良を考えれば、余裕ですね。そして、今年のウインバリアシオン。ウインバリアシオンなんて、圧勝でしたからね。有馬記念では、オルフェーヴルがいなければ、完勝でしたし。今年は鉄板なのでは?!

さぁ、結果はどうなりますか。


先週より指数を改良しています!かなりいい感じです!!
前回からのプラスアルファです。ぜひ参考にしてみてください。

明日の指数はこちらから↓↓↓↓↓↓↓↓改良しています!
【5月04日(天皇賞春・中央競馬全レース指数予想)】
DLmarketで購入DLmarketで購入