東京競馬場

コース総合見解

長距離GⅢダイヤモンドSのために用意されたコース。

向正面、直線半ばからスタート。最初の3コーナーまでの直線距離は260m。下りスタートから合計4回坂を上ることが特徴。極端なスローペースになると馬群が広がってしまうため、外を回ると距離損が大きい。できれば内々でロスなく乗りたいところ。

下図を見ても分かる通り、勝ち切るのは殆どが差し馬。スローペースで前が残りそうなイメージもあるが、逃げ馬は06年〜10年の5年間で10年3着ドリームフライトが最高。苦戦傾向にある。 

[DATA]
年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

種別 条件 TIME 前3F 前5F 後5F 後3F 上り 逃げ 先行 差し 追込
混合 OP 3 3.31.3 37.4 62.1 60.6 36.1 1.5 35.3 0.0% 0.0% 100.0% 0.0%

※集計は08.10.11〜11.10.23  「上り」は、勝ち馬の平均上り3F 右の表は勝ち馬の脚質シェア

〜POINT〜
・差し馬優勢