東京競馬場

コース総合見解

スタートして2コーナーまでの先行争いがポイントになる。2000のスタートは、2000専用のポケット地点なのでこの部分の芝はいつも絶好である。先行馬が内外に入った場合、内の馬が譲らなければ外側の馬はまず先行できない。そうなった場合は外の馬は距離損になる。

また、内枠だけに先行馬が入った場合はすんなり先手を取れ、断然有利になる。逃げ馬が外枠だけに入った場合でも、外からでも2コーナーに向かってまっすぐに突っ込めるので外枠の距離損はほとんど無視できる。

つまり先行馬がどれくらいにて、どの枠に入るかの影響が大きいコースと言える。想像できる展開によって、先行を狙うか差しを狙うか考えたい。

ディープインパクト産駒は前回の集計時から出走回数が倍増(50→102)したにも関わらず、高い数字をキープ。1番人気時は【15-3-4-7/29】と安定感を誇っている。

[DATA]
年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

種別 条件 TIME 前3F 前5F 後5F 後3F 上り 逃げ 先行 差し 追込
2歳 新馬 17 2.04.5 38.5 64.4 60.0 34.3 4.4 33.9 5.9% 52.9% 35.3% 5.9%
未勝利 24 2.03.4 37.0 62.4 61.0 35.5 1.4 34.8 4.2% 50.0% 29.2% 16.6%
3歳 新馬 5 2.06.4 38.9 65.6 60.8 34.5 4.8 33.8 0.0% 20.0% 60.0% 20.0%
未勝利 24 2.02.7 37.0 62.4 60.3 35.1 2.1 34.6 8.3% 29.2% 58.3% 4.2%
500万 13 2.01.9 36.9 62.0 59.9 34.9 2.1 34.3 7.7% 30.8% 46.2% 15.4%
OP 11 2.01.3 36.3 60.9 60.4 35.1 0.5 34.4 9.1% 27.3% 45.5% 18.2%
混合 500万 21 2.01.7 36.8 61.9 59.8 35.0 2.1 34.5 9.5% 33.3% 33.3% 23.8%
1000万 36 2.00.9 36.8 61.7 59.2 34.7 2.5 34.2 16.7% 47.2% 22.2% 13.9%
1600万 16 2.00.4 36.7 61.4 59.1 34.6 2.3 33.9 6.3% 25.0% 50.0% 18.8%
OP 15 1.58.9 35.8 59.7 59.2 35.2 0.5 33.9 0.0% 26.7% 60.0% 13.3%

※集計は09〜13年  「上り」は、勝ち馬の平均上り3F 右の表は勝ち馬の脚質シェア

〜POINT〜
・内枠に入った強い先行馬が狙い
・条件が上がれば上がるほど前後半の差が少なくなり、底力が求められる
・新馬戦は超スローペースが殆どで、イコール東京適性と考えるのは早計