東京競馬場

コース総合見解

1300mはJRA10場で東京ダートにしかない特殊な距離。1400mで強い馬よりも、1200mで強いスプリンタータイプの好走が目立つ傾向にある。

3コーナーまでの直線距離が342m。スピードに乗る上で十分な長さだが、スタート後80mほどで上りにかかるためそこまでペースは速くならない。3コーナー過ぎに下りにかかるのでカーブ部分でもスピードが落ちず、平均的に速い流れで直線へ。下級条件での施行が殆どということもあり、先行力のあるスピードタイプが雪崩れ込む競馬になることが多い。

[DATA]
年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

種別 条件 TIME 前3F 前4F 後4F 後3F 上り 逃げ 先行 差し 追込
2歳 新馬 6 1.20.6 36.2 48.9 50.7 38.1 ▲ 1.9 37.7 0.0% 66.7% 33.3% 0.0%
未勝利 9 1.19.9 36.1 48.5 50.0 37.6 ▲ 1.5 37.5 55.6% 44.4% 0.0% 0.0%
500万 3 1.18.6 35.1 47.1 49.5 37.5 ▲ 2.4 37.2 66.7% 0.0% 33.3% 0.0%
3歳 新馬 3 1.21.7 37.5 50.4 50.8 37.7 ▲ 1.2 37.0 0.0% 33.3% 66.7% 0.0%
未勝利 33 1.19.8 36.1 48.4 49.9 37.5 ▲ 1.4 37.3 39.4% 39.4% 18.2% 3.0%
500万 4 1.18.0 35.4 47.4 48.6 36.6 ▲ 1.2 36.1 0.0% 50.0% 50.0% 0.0%
混合 500万 21 1.18.6 35.5 47.7 49.1 36.9 ▲ 1.4 36.5 23.8% 38.1% 23.8% 14.3%
1000万 18 1.17.8 35.3 47.3 48.5 36.5 ▲ 1.2 35.8 16.7% 16.7% 44.4% 22.2%
1600万 1 1.16.7 34.9 46.3 47.5 36.1 ▲ 1.2 34.8 0.0% 0.0% 0.0% 100.0%

※集計は08.10.11〜11.06.12  「上り」は、勝ち馬の平均上り3F 右の表は勝ち馬の脚質シェア

〜POINT〜
・スプリンタータイプが強い
・逃げ、先行有利