京都競馬場

コース総合見解

向正面直線を延長した2コーナー奥のポケットからのスタート。3コーナーまでの直線距離が約900mと長い特殊なコース形態。向正面で逃げ・先行馬が飛ばすと、馬群がかなり縦長になる。

新馬戦以外は、テン3F:35秒台とやや速め。3コーナーの坂の上りでペースが落ちるが、下りでペースがまた速くなり、そのままの勢いで直線へ。急→緩→急と、起伏のあるラップになることが多いのが特徴。

2つしかコーナーがなく、直線が平坦ということもあって、全体時計は他の競馬場より速くなる。各馬の上がり差がつきにくいため直線だけで差し切るのは難しく、差し・追い込み馬はペースが緩んだところで前との差を詰めておく必要がある。外回りということもあって差し馬優勢ではあるが、機動力がない追い込み一手の馬もまた苦しいということ。

[DATA]
年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

種別 条件 TIME 前3F 前4F 後4F 後3F 上り 逃げ 先行 差し 追込
2歳 新馬 13 1.50.6 37.1 50.0 47.5 34.8 2.5 34.5 15.4% 76.9% 0.0% 7.7%
未勝利 12 1.48.9 35.6 48.1 47.8 35.3 0.3 34.9 8.3% 66.7% 25.0% 0.0%
500万 3 1.48.3 36.1 48.2 47.4 35.2 0.8 34.3 0.0% 66.7% 0.0% 33.3%
OP 3 1.47.9 35.6 47.8 47.3 34.8 0.5 34.5 33.3% 33.3% 33.3% 0.0%
3歳 新馬 6 1.50.4 36.9 49.5 48.0 35.5 1.5 35.2 33.3% 50.0% 16.7% 0.0%
未勝利 30 1.48.8 35.6 48.0 48.0 35.6 0.0 35.1 10.0% 46.7% 43.3% 0.0%
500万 12 1.48.3 35.6 48.1 47.4 35.1 0.7 34.8 25.0% 58.3% 8.3% 8.3%
OP 5 1.48.1 35.5 48.0 47.6 35.4 0.4 34.6 20.0% 40.0% 40.0% 0.0%
混合 500万 13 1.47.6 35.4 47.7 47.3 35.3 0.4 34.8 0.0% 53.8% 38.5% 7.7%
1000万 23 1.47.4 35.6 47.8 47.1 35.0 0.7 34.5 17.4% 30.4% 34.8% 17.4%
1600万 9 1.47.0 35.5 47.5 47.3 35.3 0.2 34.6 0.0% 55.6% 44.4% 0.0%
OP 6 1.47.2 35.8 48.0 47.0 35.3 1.0 34.9 50.0% 16.7% 33.3% 0.0%

※集計は08.10.11〜11.07.24  「上り」は、勝ち馬の平均上がり3F 右の表は勝ち馬の脚質シェア


〜POINT〜
・テン、上がりとも速くなるのが特徴
・差し馬優勢ではあるが、前と後ろの差が開きやすいため、最後方一気はなかなか決まらない