京都競馬場

コース総合見解

1コーナーまでの距離が286mで、コーナーを4つ回るコース。また、ダ1800mの日本レコードが出ているように、どの競馬場よりも速い時計が出るスピードトラックだ。

となれば、やはり内枠の逃げ・先行馬が有利。ポンと出てすぐにコーナーに入ってしまえば、コーナリングで更に前へ行ける。馬場が軽いのもありその分の貯金は大きく、結果的に最後まで持たせてしまうものとなっている。 人気薄でも逃げ馬には注意を払いたい。外枠の馬はかなりの確率で外を回されることになり苦戦の傾向。 

施行数は少ないが、2歳、3歳の上級条件は、下級条件を逃げ・先行して勝ち上がってきた馬が多いためか、テン争いが激化。他の条件とは一転、逃げ切ることは非常に難しく、差し・追い込みが有利となる。当然、高配当が出やすい。

[DATA]
年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

種別 条件 TIME 前3F 前4F 後4F 後3F 上り 逃げ 先行 差し 追込
2歳 新馬 6 1.55.5 37.9 51.7 50.6 37.9 1.1 37.4 16.7% 66.7% 0.0% 16.7%
未勝利 22 1.55.0 37.1 50.4 51.5 38.6 ▲ 1.1 38.3 22.7% 59.1% 18.2% 0.0%
500万 3 1.53.8 36.0 48.6 52.3 39.2 ▲ 3.7 37.9 0.0% 0.0% 66.7% 33.3%
3歳 新馬 15 1.56.2 37.7 51.4 51.2 38.0 ▲ 0.2 37.8 26.7% 66.7% 6.7% 0.0%
未勝利 105 1.54.8 37.1 50.4 51.1 38.1 ▲ 0.7 37.8 16.2% 58.1% 25.7% 0.0%
500万 22 1.52.5 36.7 49.6 50.0 37.3 ▲ 0.4 37.0 27.3% 59.1% 13.6% 0.0%
OP 4 1.51.6 35.8 48.4 50.3 37.4 ▲ 1.9 37.0 0.0% 75.0% 0.0% 25.0%
混合 500万 70 1.52.8 36.9 49.8 50.1 37.4 ▲ 0.3 37.1 15.7% 62.9% 15.7% 5.7%
1000万 52 1.51.6 36.3 49.1 49.7 37.2 ▲ 0.6 36.8 21.2% 48.1% 21.2% 9.6%
1600万 24 1.50.9 36.3 49.0 49.3 36.8 ▲ 0.3 36.5 29.2% 50.0% 12.5% 8.3%
OP 13 1.49.8 35.7 48.0 49.3 37.0 ▲ 1.3 36.7 30.8% 46.2% 23.1% 0.0%

※集計は08.11.08〜11.11.13  「上り」は、勝ち馬の平均上り3F 右の表は勝ち馬の脚質シェア

〜POINT〜
・内枠の逃げ・先行馬が有利
・下級条件での追い込みは滅多に決まらない
・2歳、3歳の上級条件はテン争いが激化する