京都競馬場

コース総合見解

向正面の直線を延長した芝ポケットからスタート。1200mからの延長分はほとんど芝走路で、芝を走る距離は150mほど(外枠だと180m)。3コーナーまでの距離は610mとかなり長い。

芝スタートであること、3コーナーまでの距離が長いことから、1200mよりもテン3Fが速くなることが多い。当然、前傾度合いも1200mより大きくなり、逃げ切るのは難しい。新馬、未勝利以外では差し馬が勝つ割合が20%を超えており、古馬の上級条件では先行馬を逆転する。

外枠にいくほど芝部分を長く走るため外枠有利に思われがちだが、特にそのような傾向はない。外枠有利の阪神ダート1400mと混同しないように注意。

[DATA]
年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

種別 条件 TIME 前3F 後3F 上り 逃げ 先行 差し 追込
2歳 新馬 15 1.26.0 35.7 37.9 ▲ 2.2 37.7 20.0% 80.0% 0.0% 0.0%
未勝利 29 1.25.9 35.3 38.1 ▲ 2.8 37.9 34.5% 48.3% 10.3% 6.9%
3歳 新馬 9 1.26.7 35.7 38.3 ▲ 2.6 38.1 22.2% 77.8% 0.0% 0.0%
未勝利 50 1.25.7 35.3 37.9 ▲ 2.6 37.7 30.0% 52.0% 18.0% 0.0%
500万 21 1.24.8 34.9 37.5 ▲ 2.6 37.2 23.8% 42.9% 28.6% 4.8%
混合 500万 48 1.24.5 34.9 37.4 ▲ 2.5 36.9 12.5% 56.3% 16.7% 14.6%
1000万 35 1.23.9 34.8 37.0 ▲ 2.2 36.4 5.7% 42.9% 40.0% 11.4%
1600万 15 1.23.5 34.7 36.9 ▲ 2.2 36.2 13.3% 46.7% 26.7% 13.3%
OP 8 1.23.2 34.7 36.6 ▲ 1.9 35.9 25.0% 12.5% 50.0% 12.5%

※集計は08.11.08〜11.11.13  「上り」は、勝ち馬の平均上り3F 右の表は勝ち馬の脚質シェア

〜POINT〜
・京都ダート1200mよりもテンが速く、差しが決まりやすい
・外枠の方が芝部分を長く走るが、特に有利というわけではない